【保険最強活用術】誰でもできる節税対策とは【Insurance Planner Consultation】
HOME>注目記事>【保険最強活用術】誰でもできる節税対策とは

節税したい

節税対策は知っておくとお得になる事が多く、仕組みを理解していないと知らず知らずに損しているということになりかねません。ここでは節税対策について簡単に説明します。

【立場別】節税対策のポイント

サラリーマン

サラリーマンでも節税対策は可能です。給与所得控除と言われ、これは基本的に会社で控除されています。資格取得も控除対象になる事があります。

法人

節税対策として挙げられるのが利益を減らすことです。未払い金やなどを年度内に計上することで節税対策になるものや、役員報酬や賞与があります。

個人事業主

個人事業主の節税対策として重要になってくるのが青色申告と言われるものです。また、経費を正しく計上することが重要です。

節税を受けるには

Vehicle Insurance

みなさんが自分にかけている生命保険や建物にかけている火災保険で、節税対策ができることをご存じでしょうか。この保険料控除は所得控除の1つで、払い込んだ1年間の保険料に対して、一定の所得税や住民税が軽減されるというお得な制度です。秋口に送付される保険料控除証明書は、控除の手続きのために必要なものなので保管しておきましょう。万が一紛失した場合でも会社に連絡することで再発行が可能です。会社員の方は年末調整の時に、自営業の方は確定申告の際にこの証明書を元に手続きを行うことで、制度を利用することが出来ます。

お得に節税する

いざという時のために生命保険に加入している方は多いですが、節税対策になることをご存知でしょうか。1年間に払い込んだ金額に対して所得控除を受けることができ、所得税と住民税が軽減される制度です。控除額される金額は所得税が12万円、住民税は7万円がマックスです。また種類によって控除区分も変わってきます。生存または死亡に対して保険金や給付金が発生するものに受けられる一般生命保険料控除や、入院や通院で発生するものに受けられる介護医療保険料控除などがあるため、どれに該当するかわからない場合は会社に確認すると良いでしょう。

広告募集中