【もしもの備えだけじゃない】節税対策には保険を活用しよう【Insurance Planner Consultation】
HOME>トピックス>【もしもの備えだけじゃない】節税対策には保険を活用しよう

保険が使える

決算期になると気になるのが節税対策のこと。もしもの備えの際に使っている保険が節税対策になるかもしれませんよ。保険が節税対策になる理由を紹介するとともに最大限活用する方法を解説しています。

法人保険徹底比較 全額損金VS半額損金

全額損金

返戻率がよく、長い間高い返戻率が続くのでタイミングをみて解約しても損が少ない仕組みです。また、保証内容が充実しています。

半額損金

短い期間しか返戻率が高くありませんが、短期間で解約する予定があるならおすすめです。

家族の絵

もしもの備え以外の目的

多くの家庭で民間の生命保険に加入して、もしもの時の備えにしているケースが多くなっています。保険の代々の目的はもちろん事故や病気に見舞われたときの負担軽減ですが、支払った保険料は、ただ単に支払い負担だけで終えてしまうのではなく、一定の手続きを踏むことで、節税対策として利用できるので、もれなく手続きをするべきです。所得税だけでなく、住民税の減税効果も期待できますので、ぜひ少額でも手続きをすることをお勧めします。

最大限活用しよう

具体的には、確定申告の際に保険会社から届く証明書に基づいて申告をすることになります。企業に勤務している方は、年末調整の際に勤務先に提出することになります。通常の生命保険・介護保険・年金部分といった3分類の申告部位がありますので、それぞれ適切に申告をする必要があります。3分類それぞれで申告できる上限額が設定されているので、最大限申告をして節税対策をできるだけ行なうことをおすすめします。記載方法が不明なら、問い合わせ先に聞くと親切に教えてもらうことができます。

見直しを検討する

節税対策を考慮した保険契約内容の見直しをしてみることも家計を考えるうえで重要なことです。死亡保障の部分を一部介護の内容に変えるなど、保険内容の構成を変えることで最大限の保険料控除を受けられるようにするなどの処理ができます。

広告募集中