【家計診断がおすすめ】30代からはお金のプロに相談しよう【Insurance Planner Consultation】

家計改善をしよう

毎月気がついたらお金を使い切ってしまっているということはありませんか?そのようなあなたには家計診断が必要です。今回は家計診断について分かりやすく説明していきたいと思います。

ファイナンシャルプランナーに相談した人たちの声

子供の教育資金について相談

子供の教育資金はこのままで大丈夫かなと心配になり、ファイナンシャルプランナーに相談することにしました。教育資金だけを相談する予定でしたが、老後の資金についても相談できて参考になりました。

家計簿を付けたことがなかった

家計簿を付けたこともなかったので、よくわからないけど心配ばかりが募っていました。アドバイスを受けて無駄な支出が分かったのでよかったです。

奨学金の繰り上げ返済について

奨学金の繰り上げ返済と共に老後に必要な資金も算出してもらいました。毎月どのくらいの貯蓄が必要かが分かり、目標が立てられました。

男女

家計を改善するために

会社から頼りにされて、仕事も軌道に乗ってくるのが30代です。そんな時期に結婚をして家庭を持つと、やりがいがある一方で出費も増えるのではないでしょうか。そのままの状態が続くと、今後の暮らしに必要な貯金もままならない恐れがあります。家計診断によって収支のバランスを改善するためにも、ファイナンシャルプランナーを活用すると良いでしょう。生活やお金に関する相談に乗ってくれる人のことを、ファイナンシャルプランナーと呼びます。資格を取得した上で活動しているため、様々な相談に対しても的確な回答をしてくれます。相談することで得られるメリットとしては、家計のどこに問題があるのかがわかる、というものが挙げられます。お金が貯まらないのには必ずどこかに問題があります。家計診断によってそれらを見つけ出してくれるのが彼らの仕事です。

相談は実績を重視

お金に関する相談はファイナンシャルプランナーにするのが効果的ですが、注意点もあります。相談実績が豊富な人に頼むことです。家によって家計の状況はばらばらで、一つの改善策がどの家庭にも当てはまるわけではありません。実績豊富なファイナンシャルプランナーに依頼すれば、的確な分析をした上で問題点を確実にあぶり出してくれます。評判の良いところに相談するのもおすすめです。実際に利用した方の評判を参考にしたり、お客様アンケートなどでの満足度が高いところだったりなら安心して30代の家計診断を依頼できます。

年代層に合った相談を

自分に合ったファイナンシャルプランナーを選ぶのも重要です。家計診断といっても30代の家庭と60代のそれとでは収入から支出まで全く異なります。貯蓄すべき金額も違ってくるだけに、それぞれに合った改善策を進める必要があります。30代の家庭の家計診断なら、その年代層に強い人に相談するようにしましょう。最後に、料金についても検討しておきます。料金が高いからといって、必ずしも良い改善策を提示してくれるわけではないからです。相談料や訪問料が一切かからないところもあるので、そうしたサービスを利用するのがおすすめです。

広告募集中